地盤が強い土地を購入する

土地選び、どうやって絞る?

念願のマイホーム。安住の地を厳選するにあたり土地選びはその重要な第一歩ですね。仕事の関係や好みの街などの要素に加え、安全も考慮する必要があります。ではどのように地盤の固い土地を判断すれば良いのでしょうか?

地盤の固い土地といって想定できる条件を考えて見ましょう。地震大国の日本にいる限り、地震に強い土地が挙げられるでしょう。そして土地により津波や土砂崩れ、川の氾濫の危険の低い地盤も考慮の対象になります。また自然災害の例として「液状化現象」も聞いたことがある方はいらっしゃるでしょう。こういったリスクを考えながら実際に確認する為、まずは候補の土地を訪れその周辺を観察することができますね。川や海、また田んぼや池など「水」が近くにあるかどうかをチェックすることができます。

候補の土地についての情報、どうやって調べればいい?

実際にその土地を見てみる以外にいくつか方法があります。まず不動産屋や工務店などからその街について話してみることは可能ですね。ただ相手により必ずしも必要な情報が得られるとは限りません。その他の方法でも調べてみる価値はあるでしょう。

実はその土地の過去を知ることがかなり有効です。以前田んぼだった、埋立地であるといったことは現在の姿からは分からないからです。これが分かる可能性がある場所が図書館です。その街の「古地図」や「過去の住宅地図」が閲覧できる可能性があります。そして自治体によっては「液状化マップ」や「ハザードマップ」を所蔵しているところがあります。候補の街にある法務局で昔その土地が何に使われてきたかを知る目的で「土地登記簿謄本」を依頼する方法もあります。インターネット情報では「地盤サポートマップ」といった分かりやすい図が見つかります。