海や川から離れた水害が発生しにくい所に家を建設

海から離れた所に家を建設する

マイホームを建設する時には、水害に注意しなければいけないです。そこで、海から離れている土地に家を建設していく事が大事ですよね。なぜ、海から離れていた方が良いのかというと、海の近くは高潮や津波の被害を受けやすいからです。台風が通り過ぎる時には、高潮が発生する可能性が高くなり、大きな洪水を引き起こす可能性があります。さらに、大きな地震が海底で起きた場合には、津波が発生する事が多く、海の近くだと家が水没する事もあります。

このように、海の近くは何かと水害が発生する可能性があるので、海から離れた場所に家を建設するのが得策です。数キロ離れている所だとある程度、安心することが出来ますよね。特に海による水害が発生しやすい地域はかなり注意が必要です。

大きな川から離れた場所に建設

マイホームを建設する時には、大きな川から離れた場所に建設することが大事です。その理由としては、大きな川は、大雨が降ると河川が氾濫する可能性があり、場合によっては大きな洪水を引き起こす事もあります。もし、大きな川の近くだと、その洪水に巻き込まれてしまい家が流されることもあります。大きな被害に合わなくても床下浸水や床上浸水することもあり、大きな川の近くは危険だという事を知っておく必要があります。小さい川の場合は、大きな被害に合わないのでそこまで心配する必要はないです。

特に大雨が多い地域では、大きな河川の近くはより危険になります。川だからといって油断するのではなくて、大きな河川の近くは、海と同じように水害が発生するという事を把握して、家造りのための土地を選ぶ必要がありますよね。